ペンションでのレンタルスキー・スノーボード!!

ペンション村で宿泊者にスキー・ボードをレンタルしているところもあります。

当館もその一つ!

そこで、当館のレンタルまでのご案内をしてみたいと思います。

お暇でしたら、みてください。

当館のレンタルは事前予約でお取り置きしてご用意いたします。

数に限りがあります。

ですので、この方法でのレンタルになります。

というよりは、「しっかり整備した用具をお渡しできる」のと、「滑りに来た皆様の滑る時間を、受取り時間で1時間とか使わせたくない」というのがあります。

 

まあ、どのサイズが出るのかわからない状態でお越しいただきレンタルを希望された場合に、対応が間に合わない事があり得ます。(全ての板を整備しておけって話なんですが例えば、前日に返却の板、ブーツなど乾燥やワックスがけががしておらずしかし、そのサイズがご希望などなど)

ちなみに、今週末のレンタルはスキー3本、ボード2本の計5本!

朝食を出し終わり、8時から整備を開始してたった5本を仕上げるのに3時間。11時までかかりました。

3時間かかってしまった理由は他にもあります。

その理由はここ何日気温が高く「春スキー」のような感じで、実際ケレンデINして滑った感覚はマイナスでのワックスよりプラス気温のでワックスに変更した方が「良く滑る」ということからワックスを「ピンクからイエロー」に変えたため!

ピンクワックスは返却後の整備で塗布していましたが、急遽変更となり時間もかかってしまった。

という事です。

なんのことやら「さっぱりわからない??」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、レンタルスキー・ボードをお客様にお貸しするのはこういう事だと考えております。

 

この「たんばらペンション村内のオーナーさんでケレンデINして滑る方は当方の他に2人ほど!」

驚きでしょうが、実際にゲレンデ状況をつかんでいるオーナーさんはごくごく僅かなんです。

まして、実際に滑りに行かないですからどのワックスが合うかなんて知るはずもないですし、滑っていないのでそんな知識も持っていない。

どこのコースが滑りやすくて、どこにキッカーがあって、ウエーブはどこから入るかなど全くもってしりません。「逆にゲレンデはどう??」なんて聞かれる始末です。

 

3mも雪が積もるところでペンションをやっているから、そこのオーナーさんはみんなが雪に関してのプロだと思われそうですがそうでもないです。

ウインタースポーツが好きで滑り込んでいらっしゃる方の方がよほど知識をお持ちかもしれません。

 

でも、多くのお客様は「知らない事をしっている」という事でレンタルされる訳ですからそれらには応えたいと思います。となると時間がかかってしまいますし、それに伴い消耗品なども必要になってくる・・・・

 

27年前から「スノーボード」のインストラクターをしていて、滑ることが好きな当方からすると「滑らない板ほど、ウインタースポーツの楽しさを奪うものはない」と感じています。

黄砂の降り方や雪の汚れ、天候や気温。ハイシーズンの1月2月なら整備不良の板でもそれなりに滑ることも稀にありますが、「春スキー」に関しては妥協はできません。

しっかり整備、ワックスを合わせても先に挙げた条件で滑らなくなってしまうのが「春スキー」です。

しかし、1本目からその状態っていうのはNGです。

無料レンタルだから「滑らない板でもOK」という考えをお持ちであればいいと思います。

滑り優先ではなくて「滑らない板を足に付けて、雪の上を抵抗を受けながら筋力増強のために歩く」という楽しみ方を見つけられる方にはぜひ無料でレンタルしてくれるところをお選びください。いい体力作りができると思います。

 

例えるならば、ご自身の「お肌のスキンケア」だとわかりやすいでしょうか?!

化粧水もピンキリでしょう。お肌に合う合わないもあるでしょう。同様に雪質に合う合わないのワックスもあります。放置しておけば「ガサガサなお肌」になることでしょう。同様に「滑走面」も放置はNGです。

お子様を楽しませようを思いゲレンデにお出かけいただいているはずです。

少しでもスキー・ボードを楽しんでもらう。そのために当館のレンタルは出来る限りの整備をしてお渡しいたします。

では整備の様子をご覧ください。

当館のレンタル作業場兼、乾燥室!

ブルーヒーターが気持ち悪いほど暖かいです。

ベースワックスで汚れを浮き上がらせます。

イエローワックスが今回の滑走ワックスです。

スクレイパーでベースワックスを剥がしていくと、結構汚れています。

週末に1日レンタルしたボードです。

雪質はほとんどパウダースノーで夜に降った雪の上を滑っただけなんですけれど・・・
この汚れの貯金をしていくとあっという間に滑らない板の出来上がりです。

ストラクチャーに入り込んだワックスをブラシでこすると出てくる出てくる!

この作業が無限に続くのではないかと思えるほど!

やればやっただけ出てくる!

ストラクチャーから出たワックスを拭きとって

コルクを一生懸命あてましょう!

光ってきたら良しとしましょう!

ちなみに!!!

この板は月曜にレンタルしたボード!

前日は気温が下がり、若干アイスバーン気味のゲレンデでした。

このようなゲレンデを滑ると、速度調整で横滑りが多くなり「エッジ横の滑走面はワックスが完全に落ちてます!」

この白くなっているのが、禿げた部分。完全に油分が抜けてますね~~

お肌で言えば「乾燥肌」! スキンケアをしないといけません。

頑張りましょう!!

整備したらこんな感じになります。

こういう事に頑張ってます。

でも、少ないながら「ここのスキーは滑りますね~~」なんて言われると頑張った甲斐があります。

この言葉が聞けるように続けます。